割引ある今のうちに!アンビエンテで最高の写真年賀状が作れるわけ

特に結婚報告の方が多いと思いますが、今年の年賀状はその写真を使い、
誰よりもキレイに、1つの作品レベルのもので仕上げたい!という場合、
はい、このアンビエンテが私の知る限り最強だと思います。

日本は他にも結婚報告系の年賀状印刷サービスはあるんですが、
特に以下の点でここが勝っている!と言えるんです。

サンプル請求ができる!

素晴らしいのはわかるけど、実際の仕上がりを見れたら最高、、、ですよね。
アンビエンテなら光沢とシルキー2つのサンプルをどちらも無料でもらえてしまいます。
⇒アンビエンテのサンプル請求はこちらからできます!

どちらも厚みがあって高級感は凄いですが、
最終的にどちらの仕上がりがいいかまで決めて納得して申し込みをすることができるんです。

一生に一度の年賀状になると思いますので絶対に失敗はしたくないと思います。
そういう意味で事前のチェックができるはここだけなのでとっても大きな強みを言えると思います。

宛名印刷が依頼できる

こういう高級紙を使うと家のプリンターでは宛名の印刷ができない場合が多いです。
となると必然的に手書きで宛名を書くことになりますが、
下手な字だったり失敗すると一気に残念な年賀状になっていまいますよね。

ですがアンビエンテであれば有料になりますが宛名印刷も併せて発注することができるので、
最後の最後まで完璧な1作品に仕上がります。

基本料金は1500円で1枚あたり25円の印刷費という設定なので、
例えば50枚なら2750円、100枚なら3500円を追加して依頼する形になります。
これで宛名の心配を一切しなくていいと思えば別に高くはない出費と言っていいと思います。

実際のデザイナーが作成する!

一般的には年賀状は自分で写真を用意して、
それとネット上で写真フレームにレイアウトして印刷発注をかけます。
ですがここではアップもしくはメールで送った写真をデザイナーさんが補修したりレイアウトしたりしてくれます。
だから最高のキレイな写真の色合いを引き出してくれますし、
いくら高画質な写真でも自分がやるのとでは大違いな結果になってきます。
言ってみればセミオーダータイプの写真年賀状、ということです。

印刷前の原稿が気に入らないならキャンセル可能!

年賀状発注の中の1つのメニューとして校正確認コースというものあります。
これを選べば写真データを送り、あとはデザイナーが原稿を作ってくれるんですが、
もし印刷前の最終チェックまでに少しでも気に入らない点があれば無料でキャンセルが可能なんです。

普通、デザイナーさんの時間を取ってやってもらった場合はその時点までのお金はかかりますよね。
年賀状にかかわらずデザイン系の仕事では何でもそうです。

でも満足したものが出来てナンボ!という考えのこの会社では、
モノができるまではキャンセル料は一切徴収しない!という素晴らしいオプションがあるんです。

他に結婚報告タイプで有名な年賀状会社

アンビエンテと同じくらいに有名なところで言えばソルトウェディングというサービスがあります。
結婚式で使うウェルカムボードの作成などもやっている会社なんですが、ここで結婚報告用の年賀状を高画質で作りますよ~というサービスをやっていますね。
ここもデザイナーズ系なのでキレイですし、凄いのは20種類まではデザインを選び放題、つまり追加費用が発生しないんですね。
これに関してはアンビエンテではできないオプションです。

ですが逆に宛名印刷サービスはやっていないのでそこがデメリットになります。
(2017年から宛名印刷に対応しています!)
厚いポストカード風の年賀状には家庭では印字できないことが多いので最終的には手書きするしかありません。
まぁ一長一短がある世界ではあるんですが、ソルトウェディングも1つの候補に入れて考えてみて損はないでしょう。
どちらも比較してみて納得できるほうを選べばいいと思います。
参照)年賀状で結婚報告!おしゃれ&安いおすすめ年賀状

PAGE TOP ↑